• ホーム
  • 遺伝子レベルでわかる多種多様な太り方

遺伝子レベルでわかる多種多様な太り方

体重に落ち込んでいる男性

遺伝子を医療に活かせるようになり、遺伝子レベルで調査した肥満遺伝子を、ダイエットに役立てようとする試みも登場しています。

肥満遺伝子というのは、食べたものがどれくらい体脂肪に変えやすくするか、体内に蓄積させやすくするかという遺伝子の持つ能力のことです。

肥満遺伝子は現在わかっているだけでも、60種類の多種多様なものがあります。
つまり、それだけのタイプの太り方に分類されるということです。

多種多様ではありますが、代表的な肥満型として以下の3つのタイプがあります。

1つ目は「バナナ型」です。
日本人の15%が持っていると言われる遺伝子で、基礎代謝が200kcalで高めです。
太りにくく筋肉が付きにくく落ちやすいタイプで、太りにくいのが特徴です。
このタイプは太りにくいので、逆肥満遺伝子と呼ばれることもあります。

2つ目は「りんご型」です。
日本人のほとんどがこのタイプに分類され、基礎代謝が非りんご型よりも200kcalほど低いです。
お腹がぽっこりと出ていて、インスリンの分泌量が低いため、糖分を分解する力が弱いです。

このタイプは糖尿病・高脂血症・脂肪肝など、生活習慣にかかりやすい傾向にあります。

3つ目は「洋ナシ型」です。
日本人の保有率1/4と言われている遺伝子型で、基礎代謝が非保有者よりも100kcal低くなっています。
女性に多く見られるタイプで、腰・太もも・尻といった下半身に皮下脂肪がつきやすい傾向にあります。

このタイプは子宮の病気や、がんなどのリスクが高くなります。
また、食事療法が効き辛く、ダイエットしにくい太り方とされています。

遺伝子レベルで見てみると、バナナ型・りんご型・洋ナシ型、の3つの太り方に大別されることがわかります。
肥満遺伝子は多種多様存在しますが、このどれに当てはまるかを知ることで、遺伝子レベルで痩せやすい生活習慣を把握しやすくなります。

関連記事
やせやすい体を作る短時間で出来る運動 2019年09月10日

脂肪が燃えだすには30分以上は歩かなければ効果がない、などと言われています。30分程度歩く位ならばさほど厳しい運動でもないと感じるかもしれませんが、やせやすい体...

洋食文化に慣れた日本人でも出来るファイブアクターダイエット 2019年08月03日

ヘルシーなのが特徴の和食に比べると、洋食というのは高カロリーであることが多いです。日本では綺麗な水が豊富に使えることから、炒めたり揚げたりせずとも、煮たり炊いた...